畑に影響がないネズミ駆除やイタチ駆除はプロに任せよう

家畜や畑の作物を荒らす害獣!~業者にネズミ駆除とイタチ駆除を依頼~

畑のネズミと住み着いたイタチを早急に対処する

害獣であるネズミやイタチは、自分で駆除しようとすると困難を極めます。そのため、自宅が彼らの住み家になっていないか、まずはセルフチェックを行ない判断してみましょう。プロに依頼する前に、自宅の変化を調べてみて、自分でできる対策があれば実施することが大切です。

こんな症状があったら注意

  • ①ゴミ袋が荒らされている形跡を発見。特に生ごみが入った袋は、中身が散乱するほど漁られている。
  • ②深夜になると、天井裏から物音や鳴き声のような音がする。カサカサ、ドタドタなど徘徊している様子。
  • ③近所で害獣駆除を行なっているのを見かけた。その家と自宅では環境の類似点が多い。

プロだからこそできる対処

ネズミ

ネズミやイタチ、これらの害獣は見た目以上に危険で獰猛な生き物です。また、非常に俊敏なため素人では捕獲する困難です。しかし、経験豊富なプロであれば彼らの行動パターンや習性を熟知しています。そのため、スピーディーで確実な駆除が行なえる上に、掃除や消毒まで一貫して依頼できます。

ネズミ駆除とイタチ駆除は早急に~被害とそれぞれの特徴について~

畑の作物を荒らし、人間の生活に悪影響を及ぼすイタチやネズミは、どのような生態を持っているのでしょうか?それぞれの特徴を把握しておくことが駆除のヒントに繋がります。

ネズミとイタチの生態


イタチについて教えて下さい
イタチ駆除の依頼の多くは、チョウセンイタチによるものです。チョウセンイタチとは、関西エリアを中心に西日本の広くに繁殖している生物です。愛らしい見た目に反して、非常に獰猛な性格の持ち主で肉食性が高くなっています。本来なら昆虫や甲殻類、ネズミやモグラを主食としていましたが、近年生態系の影響からか人間が生活する地域で出没して被害を出しています。
ネズミの生態について知りたいです
雑食性であるネズミは、人間やペットの食べ物、昆虫などあらゆる物をエサとします。また、水の代わりに観葉植物をかじり水分補給を行なうこともあり、適応力にかけては右に出る生き物はいません。それだけではなく、非常に多産で年間を通して多くの子供を出産して繁殖を行ないます。

被害に遭った人たち

イタチが住み着いた時は大変でした(30代/男性)

イタチの被害に遭っていると気づいたのは、ほんの些細なきっかけからでした。何処からともなく悪臭が漂い室内の壁に染みができていました。しばらくすると、天井から物音や鳴き声のような音が聞こえてくるようになり、確認してみると断熱材が荒らされていました。

畑の農作物をネズミに食われてしまいました(40代/女性)

自家栽培しているジャガイモがネズミの被害に遭いました。無農薬で安心できるのは、人間だけでなくネズミも一緒のようで、見事に実だけ食べて荒らしてくれました。殺鼠剤を仕掛けてみたものの、かいくぐっているのか効果はありませんでした。

イタチやネズミは非常に俊敏で、警戒心も強い生き物です。仕掛けや殺鼠剤を設置しても、回避してしまう頭脳を持っています。これぞ本当の「いたちごっこ」状態です。完全に駆除したいなら、やはりプロに協力を仰ぐしかありません。利用の際は、事前に依頼の流れや業者選びのコツなどを把握しておきましょう。

TOPボタン